山行記録/個人山行/2016-11-13〜14/明星

Last-modified: 2016-12-12 (月) 23:03:37 (495d)
山域北ア前衛 明星山岩稜登攀
日程2016年11月13日〜11月14日
メンバーpump仲間のKさん たまきち


20161113_明星.jpg


レポート

明星行ってきました。もう、数年前から毎秋に計画するも、雨やらパートナー不足で断念してた。思い入れのあるマルチだけに充実もヒトシオ。パートナーはpump仲間のKさん。夏ころpumpでお会いして誘われた。良いときpump行ったわさ。予備日も含め3連休。

11/13 早朝発。前夜発を申し出たが、ムリとな。なら、左岩稜行けるとこまで、を目標にかっ飛ばす。んが、翡翠峡違いで2時間のロス。11時到着でいざ出陣。フリースピリッツ登攀してる姿発見。こんな晴天で羨ましい。徒渉地点を探しウロウロ。やはり、チロリアンブリッジしかなさそうだ。しかし、増水してて左岩稜には取り付けそうもない。チロリアンの練習かてら対岸に渡り、フリスピとクイーンズウェイの取り付き・ルート取りの確認をし戻る。チロリアンは思ったほど恐怖はなかった。明日はどこに行く?フリースピリッツはまた機会があるだろう。12クライマーパートナーならクイーンを所望する。

11/14 4:30起床、6:20発。 7:20 1P 玉木リード。いや〜キョェ〜のなんの。ノーピンだし、草付だし(小さなブッシュでランニング)、所々濡れてるし。行き過ぎたようで5mほど懸垂。

2P Kさんリード。一番の核心部、10b。凹角の乗越が悪いらしい、行きつ戻りつ、ザックをデポして越えていった。フォローで登攀するがこりゃないでしょ?湿ってる、岩が動く、スタンスがない。。この2Pでかなり時間を費やした。まだ日影で冷え固まってしまって意欲がわかない。何を言ってる!念願の明星だぞ!

で3P 玉木リード、控蕁スラブ〜凹角を左に乗っこし、そこからは快適な登攀だった。25mほど?でピッチを切る。

4P Kさん、草付の元蕁だが、脆いので落石がひっきりなし。メットにカラカラ当たってる、避けきれない。40mほど延ばしたか?リードじゃなくて良かった、悪い。

5P 玉木、いわゆる本チャンの控蕕辰憧兇検4笋盡任安定していて、唯一楽しんで登れたピッチ。この辺で11:30だったかな?

6P Kさん、ピンが少ない。カムでランニング取って登攀。岩がトゲトゲになって、手にささる。

7‐8P 玉木。中央バンドを左上。時短を目指し延ばしすぎた。7‐8mほど懸垂下降して軌道修正。これも時間要したな、いかんいかん。上部城塞を越えてきて、さらなる核心部突入。

9P Kさん。5.7の40m。傾斜も強くなり、ほぼ垂直。いや〜空身のペツルなら快適なんでしょうよ!フリームーブを強いられる。フォローだから出来るけど。。

10P 玉木。同じく5.7 かなりオノノキ交代を頼もうか?いんや、待望の明星、ここで行かねば女がすたる。まず、3mのトラバース。ハング下を行く感じなのでしゃがみ気味で。スタンスは細かいし、ホールドもチビ。おまけにノーピン。行けないよぉ。草で意味のないランニング取って、心を決める。これは怖かった。自分を褒めたい、良くやった。そんでかぶり気味のクラックを行く。ステミングできたので安心。ここで14:30くらい。

11P Kさん。さらに傾斜が増しかぶり気味。岩がささる、脆い、カムランニング。もう、フリーで登るなんて言ってる時間じゃない。フォローはガムシャラに回収する、それだけだ。 12P ほぼテッペンが見えてる、50mいっぱい延ばす、16:30。日没との闘いだ。

13Pなのか、縦走路探しなのか不明だが、Kさん、トラバースしてザイルを延ばす。さらにもう1P先を行こうとするので、ヘッデン出しましょう、これやばいよ、ビバークしようと提案する。どうやら分かってるらしい。真っ暗な足元、ヘッデンで照らせば崖じゃねぇかよっ!藪だから分からなかったけど、かなり危険地帯にいる模様。終いには懸垂するとな。そんで不安定な所に出たら登り返し?滑落?そんなネガティブ発言は飲み込んで、じっと暗闇で待つ。あ〜出たよ!歓喜の声に心底安心する。続いて懸垂で降り立つと、予想に反したセルフの必要な場所だった。そんでも縦走路なので、靴履き替えて、ザイルを仕舞う。話によりゃ30分で下山だったよな?甘かった。途中、ピンクリボンを見落とし沢筋に降りちゃってた。この下りが滑落せん勢い。やっぱ、おかしいと思ったら立ち止まらにゃ。せっせこ登り返して、丁寧にピンクを追う。

そんなこんなで車には20:15下山。雨も降ってたし、下山できてホント良かった、助かった。 で、明日の登攀なんてなし! 瑞牆でクラックなんて案も消去! 近くに2,000円素泊できる温泉があり、スーパームーン見ながら湯に浸かる。生きてる!を実感する瞬間。

一夜明けると、あんな思いしたけどフリースピリッツも行ってみたいと思うのは、クライミングの魅力なんでしょうか?

(記録:たまきち)


添付ファイル: file20161113_明星.jpg 43件 [詳細]