山行記録/個人山行/2015/3/14~16/北アルプス・五竜岳~唐松岳

Last-modified: 2015-03-19 (木) 13:30:43 (1308d)
山域北アルプス・五竜岳~唐松岳
日程2015年3月14日~16日
メンバーたまきち、その他1名


P3150398.jpg



P3150389.jpg


レポート

五竜・唐松行ってきました、3/14-16、N野さんと玉木で。 11月雪慣らしで八方から唐松・五竜を計画した、銀座さんら5名で。尾根上泊で地震に遭い、唐松のピストンに変更した。このリベンジです。月曜休み必須なのでメンツは二人となった。他人から見ると息の合ったコンビに映るらしい。 

さて、中日の天気が芳しくない。同じルート取りだと、同じ結果に終わりかねない。ターゲットを五竜に絞り、遠見尾根から上がることにする。8時開始のテレキャビンは、昨日20僂旅濱磴里燭1.5時間遅れで運行。

地蔵の頭からはフッカフカ。単独スキーヤーのトレースを追うが、ワカンで膝まで埋まる。追い付くどころか、蟻地獄に苦しむ。早速、唐松への周遊は諦める。今日でどこまで進めるかが鍵だ。振り返って後続が来ることを期待する。何人か登山者が来たが日帰り装備だ。それでも先を行ってもらい体力温存。

13時ころ小遠見山に着いた。ここからは、急斜面だと腰まで。大かた腿までラッセルで遅々として進まない。スキーヤー・日帰り組の後続を期待したが、そこをピークに下るらしい。振り返ると手を振っていた。しばらくすると、神奈川の男女2人Pが追い付いた。どーぞ、どーぞと先行してもらったが、ほどなくして整地にとりかかってる。急に降ってきて視界も悪い。雪庇も出来てたが、空との境界も不明瞭。我々も鞍部に幕とする、14:30。

この調子じゃ五竜も諦めざるを得ない。明日は、せめて西遠見まで上げ、白岳ピストンか。疲れて18時過ぎには就寝。

4時起床予定で起きたのだが、あのラッセルが待ってるのか&行けても白岳かで、二度寝しちゃった。5時起床6:30スタート。なんと神奈川組がずっと先まで道をつけている!一晩で雪も締まり膝下ラッセルで済みそうだ。俄然やる気が出た。と同時に早起きしなくて正解とひとりほくそ笑む。

なかなか距離が狭まらない中、名古屋の男性2人Pが追い付いた。この週末は入山者6人か。大遠見で神奈川組が中休止。ここからは4人でラッセル。私も休憩して飲食したい・日焼け止めがと気になったが、この4人からの脱却は許されない雰囲気だ。西遠見でワカンからアイゼンに変えたがワカンが有効だった。4人の白い?視線にワカン付け直しラッセル部隊に加わる。

10:30とうとう白岳に到着。雪の状態・ラッセル仲間のおかげで五竜も圏内だ。それぞれ写真撮ったり景色を堪能してる。我々はカメラ・水を持ち五竜を目指す。岩稜帯なので緊張する。または、フカフカでアイゼンが横滑りして焦る。かと思えばコリコリのトラバースにおののき、12時ころ登頂を果たした。 いやー実にすがすがしい。ほとんどノン休憩でこの内容だもの、充実・満喫。さて、慎重に下ろう。なんだけどあの岩稜は巻いてしまおう、で別ルートから下りた。これがド緊張。傾斜は強いのでクライムダウン。20歩に一回くらいつま先が掛かるが、爪を頼りに後ろ向き。股下から覗く光景に、あそこまで止まるまいと怯える。深呼吸し直視し、あそこで必ず止まると言い聞かせ直す。ふくらはぎバンバンだよう〜。

デポ地の戻り14時。往復3時間かかったか。でも、唐松山荘は目視できるし、主稜線2‐3時間でしょ、と高を括ってた。すると、唐松から縦走してくる3人P発見。トレースも期待できるし楽勝。いや、これが甘かった。しばらくは雪も飛んで夏道同然。登りに入ると彼らは樹林の中を歩いてきたようだ。そんなに下から行かなくても、と上の方から進んだ。雪庇は7‐8m先だからと安易に捉えてた。樹林からは2‐3mはなれた雪原をラッセルしてたら、右足が踏み抜いた。同時に尻もちついた。そしたら雪面が抜けた。背中〜頭を先頭に落ちたので終わったかと思う恐怖だった。ヒドンクレバスってとこか。まあ、2mほどで本当助かった。深かったら這い上がれないだろう。教訓です。

で、トレースに助けら急登に喘ぐ。これラッセル付じゃバテるよなあ。岩稜帯からは巻き道で小屋に出る、ように見えてた。なので、直登を強いられる時は「何でだよ〜」「足上がんないよ〜」ぼやいてた。 昨日のラッセルで股関節がやられ、コリコリ下りで気力も残ってなかった。日没も目前で最後の岩稜帯・鎖トラバースをこなし、山荘着18時だった。休む間もなく突風が襲う。歩いてる時じゃなくて良かった、というより小屋脇だから風が流れるのか。なんとかテント設営しホッと一息。も束の間、メリメリ・ミシミシナイロンが破ける音がする。おかげで一晩中寒かった。

3時起床予定は強風のため5:30まで延期。7時発のころには青空が広がってる。唐松行きたかったが、11月登頂してるしで省略。ここからは高速道路並み。八方尾根は100人入ってたんじゃね?ほど踏み固められてる。

8:30には八方山荘。ここでお疲れビール乾杯。9時からのリフト・ゴンドラに乗れると思ってなかっただけに有難かった。念願の周遊が出来て大満足です。

(記録:たまきち)


添付ファイル: fileP3150389.jpg 310件 [詳細] fileP3150398.jpg 297件 [詳細]