山行記録/個人山行/2014/8/18/八ヶ岳・硫黄岳~天狗岳

Last-modified: 2014-08-25 (月) 12:27:31 (1337d)
山域八ヶ岳 ・硫黄岳ー天狗岳
日程2014年8月18日〜19日
メンバーL:S田、S田(桂)

レポート

八ヶ岳 赤岳鉱泉ー硫黄岳ー天狗岳ー黒百合平ー渋の湯

◯8/18 晴れ 茅野ー美濃戸口ー赤岳鉱泉

八ヶ岳を冬以外に歩くのは15年ほど前に桂子がクライミングで足を骨折しそのリハビリ山行に北八ヶ岳の白駒池周辺へ行った時以来だ。赤岳鉱泉に泊まるのは冬の赤岳主稜に行く時テントはもって行ったが張るのが面倒で小屋泊まりにした時以外にない。 美濃戸口から順調に歩を進め赤岳鉱泉に着くとパンプでよく一緒になる方に出会った。編笠から権現、赤岳を縦走すると言っておられたがここで偶然一緒になるとは。 小屋の食事は良いとA原さんから聞いていたが夕食のメニューはなんとステーキとポトフそれに野菜サラダだ。ステーキは分厚く固形アルコールで自分好みに焼け大変旨い。ポトフに入っている肉も野菜も美味しくそのうえお代わり自由だ。サラダは野菜たっぷり、おまけにトウモロコシもついていた。満足!満足!

◯8/19 晴れ時々曇り 赤岳鉱泉5:15ー7:30硫黄岳ー東天狗岳ー黒百合平ー14:40渋の湯

早めに小屋を出発し硫黄岳山頂に着くと風が強く寒い。ガスがわきだし平野は見えても山は一瞬赤岳が顔を覗かせただけだ。硫黄岳から天狗岳に向かうとき夏沢峠に下りそこから直接根石岳へ行けばいいものを何故か夏沢峠からオーレン小屋へ下りてしまった。根石岳へは登りの筈なのに下りが続く、おかしいとは思いながら修正することなくオーレン小屋に着いてしまった。そのため別の道を40分登り返す羽目になった。こんなミスをすることは普段ないのにおかしい。昨日小屋に早く着いたので夕食まで時間がたっぷりありその間に飲みすぎたのかも知れない。根石岳から東天狗岳に着いてもガスは上がらない。天狗岳は眺望が良いと聞いていたのに残念だ。黒百合平から渋の湯への沢沿いの下りは石ゴロゴロで歩きずらい。

渋の湯で温泉に入るのを楽しみにしていたが日帰り入浴は3時までとのことで慌てて14:50発のバスに乗り込んだ。帰宅翌日から猛暑が続き暑さに馴れるまで身体が悲鳴をあげた。 (S田)