山行記録/個人山行/2013-05-18~19/丹沢・世附川

Last-modified: 2013-05-28 (火) 12:51:57 (1906d)
山域丹沢 世附川 沖ビリ沢下降〜樅ノ木沢
日程2013年5月18日-19日
メンバーL他、A原、他5名

P5197603.JPG

報告

10時に津久井のダイエーで集合し、食糧と酒の買出し。今日は歩く時間が少ないので重さにいとめはなしで肉、魚、野菜、ビールと大量に買い込む。

R413の山伏峠のトンネルを山梨側に抜けた左のスペースに車を停めた。すでに4台ほどあった。

荷分け後出発。トンネルを抜け登山道を行き、大棚ノ頭から水ノ木分岐を経て沖ビリ沢へ降り立つ。平凡な川原歩きをしばらくし左岸に台地が出てきたらそこが今宵の宿。

タープを張り、焚き木を集め、ビールを冷やす。ステーキと焼肉と鍋の饗宴だった。久方ぶりの焚き火を満喫した後は、焚き火と添い寝だった。 翌朝5時起床。沖ビリ沢を下降。ナメ床があり気持ちがいい。滝が出てきたが虎ロープがあり問題ない。

林道がでてきてそれを行き、まもなく樅ノ木沢橋から樅ノ木沢に降り立つ。平瀬が美しい。 延々と川原歩きが続き飽きた頃、ゴルジュとなった。股くらいの深さの冷たい水に耐えながら滝を越す。CS滝は右をトラバース気味に巻く。奥の三俣は左を行った。詰めは笹の急な斜面で腕がパンプしそうだった。

それを越えると、東海自然道に出た。沢装備を解き、ビールで乾杯。それからは18個ほど小さなピークを越え、大棚ノ頭に戻り、往路を戻った。お風呂は道志の湯。沢始めの沢だったが、なかなか充実の山行だった。

(記:A原)


添付ファイル: fileP5197603.JPG 133件 [詳細]