山行記録/個人山行/2013-04-17/奥多摩・棒ノ折山

Last-modified: 2013-04-26 (金) 12:46:27 (2056d)
山域奥多摩・棒ノ折山
日程2013年4月17日
メンバー孝平

 御嶽駅08:25→惣岳山→岩茸石山→黒山11:40→棒ノ折山12:25→奥茶屋キャンプ場→上日向→川井駅15:05

自宅を5時半過ぎに出て、予定では7時半過ぎに御嶽駅につく予定が、遅れて御嶽駅には8時18分に到着する。駅には20名ほどの人が降りたが、私が行動開始したときには周りに人はいなかった。惣岳山方面に向かう道に入ると、登山者が1人ストレッチをして体をほぐしていた。

 今日は、全工程7時間15分で厳しければ途中でコースを変更していくつもりで、行動開始をする。各工程で標準時間よりどのくらい時間が架るか挑戦しながら歩く。駅に着いてから即歩き出したが、息がどんどん揚がっていくのがわかる。惣岳山から岩茸石山につくまでに女性の登山者と犬を連れた地元の人らしき人とすれ違う、岩茸石山につくと5〜6名の登山者が視界の開けた側で休憩をしていた。どこの山が黒山か棒の折山かどこか、判別がつかないが展望がとてもいい。10分程休憩して黒山への急坂をくだりすすむ。

誰にも会わないで、岩茸石山へ先に行った登山者と黒山でまた会う。登山者は昼食のようだが、私はバナナを食してソソクサト棒ノ折山に向かう。途中伐採作業の路に沿って通過して、登山道の修復している路を避けて一気に急坂を登り終えたら、視界の開けた棒の折の山頂に出た。どこから上がってきたか5Pほどの人たちが昼食やら宴会もどきの休憩をしていた。私もベンチの上で30分程横になって、身体をほぐしながら休憩をした。ここは、北側が視界全開で山々が少し霞んでいたが展望がとても素晴らしい。本日の山行はここで終了。あとはゆっくりと歩いて下山するだけ。

下山道は下に近づくほど道が暗ーい感じで、わさび田と思われる寂れた感じの路で、網で囲われた横を通って人気のないキャンプ場につき、舗装された道に出た。あとは川井駅までのアスファルトの道を歩くことに。ダラダラと歩いているが道があっているか心配になって、道端で大声を出して道を聞いてしまった。

アスファルトの道は足に来て疲れた。これもトレーニングかな? 疲れたー。駅に着いたらビールを飲もうと思っていたら、何もなし駅舎のみ、残念でした。 (孝平)