山行記録/個人山行/2010-02-21/西上州・霧積温泉アイス

Last-modified: 2010-03-16 (火) 23:25:17 (2900d)
山域西上州・霧積温泉
日程2010年 2月21日
メンバーL.グレ子、こーさか
taki1.jpg

記録:

横川の駅で前夜泊の後、碓氷峠旧道から霧積ダムを経てきりづみ館まで車で入る。駐車場から霧積川右岸の道を少し歩くと橋があり、渡らずに堰堤脇をトラロープを頼りに越えるとすぐ左手に氷。アプローチ5分。

2週間前にも来ているグレ子さんによると氷はよりかなり後退してしまったとのこと。今朝はまだ私達だけだが地面にはアイゼン跡があり、土曜日にも人が入ったようだ。右の立った氷の下部が落ちてからそう時間が経っていない様子。

登れないことはなさそうなので、左手から氷の上部に回りこんでトップロープを張る。軟らかい氷にアックスが良く刺さる。暫くして5人Pが到着。もう一本ロープを張るころに4人Pが合流。狭いゲレンデを融通しあって登る。
とにかく両手ガバ状態なので、遊びで両足ブラで登ったりしたらすかさずグレ子さんからチェックが入った - 「何やってんの!!」
足を決めるときには体を離して手を伸ばし、アックスを打ち込むときはなるべく高くを意識して繰り返し練習する。短いルートだけれども8本は登ったかな。
スクリュー打ちの練習はしてみたものの、うーん、今だ信用できず。リードへの道は遥かに遠い。

グレ子さんにQuarkを使ってもらったとき、去年より刺さらなくなってると言われてしまった。
雪稜で持ち歩いていたのでピックが鈍ってしまったらしい。確かに彼女のAwaxを借りたときに良く刺さると思った。 先月末に通販で注文したQuadピックを雪稜で使う予定なのだが、今だ届かず。(こーさか)