山行記録/個人山行/2009-10-10/秋田・秋田駒ケ岳〜乳頭山

Last-modified: 2010-03-16 (火) 23:25:18 (2960d)
山域秋田・秋田駒ケ岳〜乳頭山
日程2009年10月10日〜11日
メンバーL:U田川、ひー、ゆかぽん、M岡、ジッピ、ぞのさん、Licca

記録:

6a0120a820b7e9970b012877238b82970c-800wi.jpg

10日 東京〜田沢湖駅〜八合目小屋〜秋田駒ケ岳(男女岳)〜八合目小屋(泊)

11日 小屋〜笹森山〜湯森山〜笊森山〜乳頭山〜田代小屋〜乳頭温泉

●1日目  麓を彩る黄葉は、まるで秋田駒ケ岳が身にまとっている、錦のスカート。その美しさに何度も息を呑む。山頂(男女岳)はガスに覆われ展望は望めなかった。膝を痛めているため、下りではみんなのペースについていけない。これではリーダー失格なので、この時点でU田川さんにリーダーを代わってもらう。いつ崩れてもおかしくない天候なので、そそくさと往路を戻り、小屋で宴会開始。貸切だと思われていた小屋だが、遅くに2組10名が到着し、小屋はほぼ満杯だった。

●2日目  出発の頃にはガスもはれ、風も弱くなってきた。6時半出発。湯森山では風がきつく、雪がチラチラと降ってきた。それでも局地的に展望があるから不思議。笊森山からはくっきりと乳頭山の姿を望めたが、その乳頭山に向っていると、今度はアラレが顔を叩き、そして再び小雪がパラパラと落ちてきた。

6a0120a820b7e9970b012877238bf1970c-800wi.jpg

乳頭山山頂手前

乳頭山山頂は長居をせず、そそくさと下山。しばらく降りると雪が止み、それと同時に黄葉越しに田沢湖が姿を現す。とにかく秋田駒周辺の山容はたおやかで、美しい。13時半乳頭温泉下山。汗を流した後、ゆかぽんは帰京、ジッピは秋田居酒屋巡りの為秋田へ、その他の5人は乳頭キャンプ場で一泊し、翌日角館を観光し、帰京した。

    最後に、リーダーを急遽代行してくださったU田川さん、ストックを貸してくださったジッピ、しんがりをしっかり守ってくれたひーちゃん、私が持つ共同装備を代わりに負担してくれると申し出てくれたゆかぽん、そして下山でペースガタ落ちの私を、やさしく見守ってくださったM岡さん、ぞのさん、心よりお礼申し上げます。すばらしいパーティーでの、美しい秋田駒、最高の2日間でした。(Licca)