山行記録/個人山行/2008-01-04/八ヶ岳・南沢小滝・大滝

Last-modified: 2010-03-16 (火) 23:24:53 (3139d)

山行記録/山行一覧/2007下期

山域八ヶ岳・南沢小滝・大滝
日程2008年 1月 4日
メンバーL. HM, AM, TY

コースタイム

1/3 JR大宮22:00発→00:00道の駅・小淵沢着 泊

1/4 美濃戸山荘駐車場(7:20)→南沢小滝(08:00)→南沢大滝(12:30)→駐車場(16:20)

記録:

小淵沢ICを降りると全く雪が見当たらない。どうしたものかと思いながら美濃戸口(バス終着点)あたりでやっと雪が10cm程積もっていた。年末に大雨が降ったらしいが、標高がある程度ある美濃戸付近は大雪になっていると思ったが、誤算だったようだ。四駆だが車高が低い車でも美濃戸山荘まで行ける様だったのでそのまま進んだ。美濃戸口から美濃戸山荘まで歩くと1時間なので短縮できてラッキー。駐車場についても雪は無く砂利が見えるほどで車も少なかった。しかし気温はすでに-10℃(赤岳鉱泉は-20℃だろう・・)。

ゆっくり歩いて南沢まで40分の道のり、やはりお手軽さはピカイチ。今年の南沢は幅は広くなっていないけれど、厚みがありまあまあの状態。先月に行った春日渓谷では氷の発達が去年よりだいぶ良かったので期待していたが・・やはり南沢天候に左右されにくい。だから4月まで登れるのかな??

この日は体感グレードは小滝の中央あたりが鍵漫⊆命燭播个辰討い襪△燭蠅+、右の氷側面は-位に感じました。

P1020778.JPG

昼ごはんを食べ、次は大滝へ。

大滝へ到着するとカルパッチョのHさんが眉間から流血して、これから帰るところでした。僕は運良く最近は流血していませんが、いつ氷が当たるか判らないので気を付けないといけませんね。 大滝も発達は例年通りで、下部はスラブ状の15m、上部の垂直は5mほどで抜け口の迫り出しがまだ控えめなので、見た目で+な感じ。しかし今年初の大滝リードなので気は引き締めて登りました。

P1020786.JPG
P1020806.JPG