山行記録/個人山行/2007-02-25/水無川本谷

Last-modified: 2010-03-16 (火) 23:24:44 (3072d)
山域丹沢
日程2007年2月25日
参加者3名

コースタイム

6:41新宿発-8:08渋沢バス停発-8:30大倉-10:20入渓-12:00書策新道交差-14:50塔ノ岳-17:40大倉バス停着

記録

今年度初めての沢登りとなりました。久しぶりでしたので、緊張しましたが、Tさんが「安全第一です。」とおっしゃって、ロープを出して下さいました。お陰様で、楽しく無事に行ってこられました。

石に水玉のように凍っている上を、水が流れていく所があり、きれいでした。滝を見上げ、どきどきしました。私は困ったり滑ったりしてしまいましたが、フォローしていただいたおかげで、歩みを進められました。滝を越え振り返ると、街や海が見え、素敵でした。 Tさんが「最後の登りが(私には)大変かも」とおっしゃっていた最後の方…ずるずるしながら、なんとか登り、もうすぐ塔ノ岳です。私にとってはこんな姿もあるんだ!と思える、雪の富士山に歓声をあげました。

お茶を沸かして、靴を履き替え一休みし、街と海を見ながらの下山をしました。とことこ歩くことが多かった今年度、この日はとっとこ登り歩くように感じました。体力つけないと…いつも山に行く度に思います。

天候にも恵まれ、楽しく充実の山行でした。明るい沢の中から空を見上げ、気持ち良かったです。(Y)

Photo

mizunashigawahontani_f1.jpg

F1。葉が茂る前の南面の沢だけあって、とても明るい。


f5.jpg

F5。リードするTさん。鎖もしっかりしている。


f6.jpg

F6。ちょっと乗越すのにしんどいが大丈夫。ロープの輪に足を掛けて登る。


f8.jpg

F8。崩壊が激しく、もちろん直登は無理。右から巻く。ガレていて落石を起こさないよう、慎重に登る。


tsume.jpg

本谷を詰め、踏跡を辿る。後には秦野の町と相模湾が見える。晴れて良かった。


fuji_2.jpg

塔ノ岳からの富士山。真っ白で大きい。やっぱり心の故郷だなあ・・・と感じてしまった。