山行記録/個人山行/2005-07-23/白毛門沢

Last-modified: 2010-03-16 (火) 23:24:34 (2958d)
山域上越・魚野川万太郎本谷
日程2005年7月23日,24日
参加者L.AO,YH

記録

暑い。綺麗な沢で水遊びしたい。でも車が無い。で、選んだのが白毛門沢。夜行日帰りの沢だけど勿体無いので土曜の朝にノンビリ出発。東黒沢入渓してから下部はナメ・ナメで天然ウォータースライダーを楽しみながら進む。白毛門沢出合を東黒沢に入り、幕営適地を探して幕。薪を集め、苦労して火を付け、食事・花火を楽しむ。普段余り話す機会の無いYHの話が聞けて楽しい。  

翌朝ノンビリ出発するが倒木が多く閉口する。タラタラのセンを越えた辺りでピッチが遅いのが気になりだし楽しみしていたお昼はパスする。二股で一回ルートミスして戻り、詰めに向かう頃にはフル装備を担いできた事を後悔する。スラブ登攀を楽しんでヤブ漕ぎ無く山頂に着いた。急いで下山して最終のバスで「湯の陣」へ。綺麗なのは白毛門沢出合までかな?結構楽しめます。東黒沢を進んで引き返すのも良さそう。(AO)

Photo

白毛門沢1.jpg

入渓点は貧相だが、すぐにナメが始り嬉しい。


白毛門沢2.jpg

ハナゲの滝。写真より傾斜は強く上部では注意が必要。


白毛門沢3.jpg

ハナゲの滝上部で左岸に渡ったところ。ここで足を滑らせたら多分アウト


白毛門沢4.jpg

やっぱり夏の沢はこれでしょう。


白毛門沢5.jpg

初日は東黒沢に入って一泊。これは二日目の朝。右手前が東黒沢。


白毛門沢6.jpg

連瀑帯の10mの滝。右から高巻き気味に登った(多分)


白毛門沢7.jpg

タラタラのセン。二人組に抜かされる。この上で左を高巻く。


白毛門沢8.jpg

上部の滑滝群。結構滑りやすい。


白毛門沢9.jpg

結構上がったな〜。上部スラブ帯はなんだか分らない内に終わっていた。


白毛門沢10.jpg

あと少しで登山道だ。がんばれYH!


考えてみたら、この遡行が初めての沢でのリーダーだった。 天気も良くて、余り山に行けない割には体力・技術のしっかりしたYHが一緒だったので安心して楽しめた遡行でした。 それ程難しい沢では無いので東黒沢と共にお薦めです。(07年1月追記 AO)