山行記録/会山行/2013/総括山行/本沢温泉

Last-modified: 2014-03-26 (水) 12:42:44 (1547d)
山域八ヶ岳 本沢温泉
日程2014年3月22日-23日
メンバーLicca*

レポート

22日 稲子湯(10::00)→本沢温泉 テン場(13::30)(単独、テン場にて玉ちゃんPと合流)

23日 本沢温泉 テン場→稲子湯(玉ちゃんPに吸収)

本沢温泉まではダイレクトに行くルートを歩く予定だったが、調べてみるとどうやら不通らしいので、急遽稲子湯から出発ということにした。 幸いなことに同じ目的地に行く方がおり、松原湖駅から稲子湯までタクシーを相乗りすることができた。感謝!!

稲子湯までの道は、私の好みに合致する。

ゆるやかな傾斜、人気(ひとけ)のない道、美しい木々。 更に、春は日差しのキラキラが増し、白い山を一層輝かせるので、一人で歩いていても、飽きることもなく、寂しく思うこともない。

予定よりも早く目的地に到着。

しばらくして露天風呂へと向う。あまりにもワイルド過ぎる露天風呂に戸惑うが、ゆかぽんが着替えの見張り役を買って出てくれたおかげで、本沢温泉の露天風呂体験を果たすことができた。 そして夜には、石楠花風呂にも入れたので、本沢温泉は十分堪能。体の芯まで温まる、とてもいいお湯でした。

しかし、浸かるにはいい湯ではあったが、そのお湯の成分が沢に流れ出ているのか、沢で汲んだ水は、鉄分が豊富で、透明だった水はボイルすると赤く変色し、味も酸味が出る。 白湯を飲んでいると、まるでローズヒップティかと錯覚するほど。

帰路は、稲子湯まで玉ちゃんPとともに・・・ ダラダラと歩くタイプの私だが、この日は三人に合わせてシャッシャッと歩いた。

稲子湯にて、M津さんは車のタイヤ交換に奮闘するも、非力な私は何も手伝うことができずに、申し訳なく思う。 しかし、稲子湯の方が手伝ってくれ、タイヤ交換は無事終了。この御礼に、今度機会を作って稲子湯に宿泊せねばね。

総括山行として、玉ちゃんPに吸収していただき、本当にありがとうございました。 往路は無音の世界を味わいながらの歩き、復路は仲間がいることで、山での思い出を共有できる喜びを感じつつ歩けました。 なんとも味わい深い北八ツでした。

(記:Licca*)

写真

__.JPG


(ミドリ池にて)



添付ファイル: file__.JPG 107件 [詳細]