山行記録/会山行/2007/春合宿/立山

Last-modified: 2010-03-16 (火) 23:24:47 (2960d)

コースタイム

5/3
室堂9:30位−一の越山荘10:45−雄山山頂11:30〜50位−一の越山荘12:30位−室堂13:20〜40位−雷鳥平テンバ14:20〜40

5/4
雷鳥平テンバ8:00−室堂8:45〜50?−交信9:35して扇沢11:00下山

記録

5/2 23:00 新宿スバルビル前集合(Nさんは山梨から自家用車)

GW後半のスタートとあって、あたりは夜行バスに乗り込む人々でごった返していた。定刻までに全員集合、いざ出発するも、首都高速からいきなり渋滞。大月まで2時間以上との表示。扇沢到着は何時になるのだろう。同乗している人間は車内で仮眠も取れるが、運転者のIさんは大変だ。

5/3
3:30扇沢着。幕営し、仮眠。5:30起床し7:30のトロリーバスに乗り込む。私にとっては初めて訪れる山域なので胸がワクワクする。初めて見る黒四ダム。映像では何度か見たけれど、実物を目前にすると感慨深い。

9:00過ぎ室堂着。ザックを身軽にして9:38アタック開始。天気は快晴。目指す立山(雄山)は往く手に雄大にそびえている。積雪量はかなりあるようだが(3〜4M)例年に比べてどうなのだろう。広大なカール状の斜面はスキーで滑ったらさぞ気持ちのよいことだろう。事実、スキー客がかなり多く、登山ルートは長蛇の列になっていた。

10:30一の越着。アイゼン装着後10:40発。ここから一気に勾配が急になった。風当りもかなり強く、雪面もしだいに固くなってきた。アイゼンをしっかり噛ませて、一歩一歩ステップを刻んでいく。

11:38登頂。剣がきれいに見えた。早月尾根Pはどうしているだろうか。祠の前で記念撮影し、12:25下山開始した。気温の上昇とともに雪質も軟化してきた。降りはやはり登りよりは緊張する。

12:50一の越、13:20室堂、14:20雷鳥平に到着し幕営。天気が良いので、雪をテーブルやベンチ状に成形して外で宴会となった。

5/4
5:30起床し、往路を下山した。(K)